【TEOIC】パート別対策法

TOEIC パート2を攻略!知って得する対策ポイントを大公開★

マナブ
マナブ

TOEICのパート2って問題数多いから正解を稼ぎたいんだけど…。

どうやったらうまく対策できるかな?

エマ
エマ
いいところに気づいたね!シンプルな問題がたくさんあるからスコアを稼ぎたいところだよね。

じゃあ今回はTOEIC パート2対策に知っておきたいポイントと効果的な勉強法を紹介するね。

この記事はこんな人にオススメ
  • TOEIC パート2の対策ポイントを知りたい
  • TOEIC パート2の正答率を上げたい
  • TOEIC パート2で注意すべきポイントが知りたい
  • TOEIC パート2の解き方や対策方法が合っているか確認したい
今回の参考教材
エマ
エマ

是非最後までご覧ください♬

スタディサプリENGLISH

TOEIC パート2を解くの大切な3つのポイント

英文の最初をしっかり聴き取ろう!

TOEICパート2は、英文の最初を聴き逃さないようにすることが大切です。

パート2で英文の最初を逃さない方がいい理由
  • 英文が短いので最初を聴き逃すと混乱して理解しずらい
  • 疑問文が多いので、最初に「何を尋ねたいか」を言っている場合が多い

TOEIC パート2の英文はとても短いので、フッと気を抜くと何を言っていたかわからず取り返しがつかない…。ということがあります。

英文の冒頭からしっかりと集中して何を話しているか把握できる力が必要です。

また、パート2は疑問文から始まることが多いです。

疑問文は英文の最初に何を尋ねたいのかを持ってくることが多いですよね。(where, how, whoなど)

なので、文の冒頭をしっかりとらえられると、何を尋ねたいのかがハッキリして問題が解きやすくなります

エマ
エマ
だけど、冒頭さえ聞けばいいってわけじゃないよ。冒頭は絶対に聴き取りたいけど、その後の情報もとっても重要だから。

たまにパート2の対策で、「英文の冒頭だけ聞けばいい」というものがありますが、それは違います。

TOEICはそこまでお人よしじゃありませんので、冒頭の疑問詞だけで答えを探そうとすると間違った選択肢を選んでしまうようなひっかけ問題をちゃんと用意しています。

英文の冒頭は絶対聴き取り、全体を理解すると考えてください。

英文冒頭の聴き逃しを防ぐ方法
ネイティブによる発音がどの様に聞こえるか分析して理解する

連続で問題を解く練習をして、集中力を育てる

パート2って出てくる単語自体はそんなに難しくありません。

知っている単語がうまく聴き取れない時は、自分が思っている音と実際にネイティブが話す音が違う場合が多いです。

ネイティブの発音に慣れて、音を聴き取る力をつけることが大切です。

エマ
エマ
ネイティブの人は、自然な会話をするために、単語動詞をくっつけたり、音を短くするよ。

どこでどの単語がくっつくのか、どの音が省略されてどう聴こえるのか、答え合わせの時に音の聴こえ方に注目しましょう

自分が思っている音と聞こえてくる音が違う例

放送される英文

Could you reschedule Thursday’s luncheon?

(A)For some time next week?
(B)A reservation for six people.
(C)I put it on Michael’s desk.

赤字部分の発音

could you
ー私たちが知っている発音→クッド ユー
ーネイティブの発音:クッジュー

put it
ー私たちが知っている発音→プット イット
ーネイティブの発音:プッティッ(

参照:世界一わかりやすいTOEIC L&Rテスト総合模試2[800点突破レベル]

そして、模試などで、一気にパート2を解ききる練習をしましょう。

パート2には、休憩時間がありません。

問題番号を言ったらすぐに問題文→選択肢

これを25問分聴き続けるのです。

マナブ
マナブ
考えただけで疲れるな…。

連続して問題を解くことに慣れて、パート2の間は休まなくても頑張れる集中力を育てましょう^^

同じ単語、音が使われている場合は誤りの選択肢の場合が多い!

パート2は、問いかけの文に出てきた単語と同じ、または似たような音の単語が選択肢にある場合、誤りの確立が高いです。

同じ単語/似た音を使ったひっかけ問題

◆If you’re not busy, would you arrange the chairs in the conference room?(もし忙しくなければ、会議室にイスを並べていただけますか?)

(A)Sure. I can do it now.(もちろんです。今できます。)
(B)It’s on the fourth floor.(4階にあります。)
(C)Yes I would.(はい、するでしょう。)

★質問文に出てくるwouldをそのまま使っているが、訳すと返答としては不自然になる。

参照:世界一わかりやすいTOEIC L&Rテスト総合模試2[800点突破レベル]

エマ
エマ
英文を的確に理解しようとすることが1番大切だけど、テクニックとして覚えておく価値はあるよ。

まずはしっかり聴き取る練習が何よりも大切ですが、正解がわからず迷った時に除外できるので覚えておいて損はないポイントです。

迷った時のルールを決めておく!

パート2はかなりテンポよく全25問が進んでいきます。

エマ
エマ
「問題番号→問いかけ→問いかけに対する回答の選択肢」をどんどん繰り返すよ。

まさに息つく暇もない状態です。

そのため、迷って立ち止まるのが命取りになります。

迷ってテンポが崩れると、わかったはずの問題を2,3問落としてしまう危険性があるからです。

迷った時の解答ルールを決めて、解答のテンポを一定に保つ練習をしましょう。

迷った時のルールの例
  • わからなければBを選ぶ!
  • 問いかけと同じ単語、似た音の単語が出たら除外する!

わからない時にはサッと捨てる潔さもスコアアップのコツなので、実践練習を重ねて身につけていきましょう^^

次は、パート2で引っ掛かりやすいポイントについて説明するので要チェックです★

TOEIC パート2は、「ずらし回答」に要注意

パート2を少しややこしくしているのが「回答ずらし」です。

回答ずらしとは、問いかけに対して単純な回答ではない回答が正解になるパターンです。

詳しく説明するので見ていきましょう。

明確な回答をしないパターンが多い

明確な回答をしないパターンとは、次のような会話です。

明確な回答をしない会話の例

Was your report brought up in yesterday’s meeting?(昨日の会議であなたの報告書は話題に上がりましたか?)

(A)Howard mentioned it.(ハワードが話に出しました。)
(B)Yes,on the final page.(はい、最終ページにあります。)
(C)I bought it a few days ago. (数日前に買いました。)

★”Was“で質問が来ているので、”Yes“で答えている(B)を選びたくなってしまいますが、返答が内容と合っていません。

この様にYes/Noを省略した回答をするパターンは良く出ます。

マナブ
マナブ
しかも、問いかけに「report(報告書)」という単語があるから、関係ありそうなページの話をしている(B)を選んじゃいそうだよ💧

単純な返答じゃないものが正解になる場合も多いと心に留めて、しっかり内容を聴き取る練習をしましょう!

回答ずらしは「会話の流れ」と「消去法」で解決しよう

回答ずらしの場合、Whyで尋ねられていてもBecauseで返すとは限らないし、Yes/Noを省略することもあります。

形式的な回答が正解にならないので、正解を見つけるのが難しいんです。

ここでポイントになるのが次の2つです。

ずらし問題対策のポイント
  1. 自然な会話の流れか?をチェックする意識
  2. 違う!と思ったものを消去する意識

決まった形式で回答が返ってくるわけではないので、回答の形式より内容を重視しましょう。

ずらし問題の場合は、明確な答えというよりすこしぼかした回答になっています。

ぼかし回答の例

◆When is the next meeting?(次の会議はいつですか?)

-Steve might know.(スティーブが知っていると思います。)

★When(いつ)の問いに対して日付や曜日を答えていませんよね。

「これが絶対正解だ!」とあまり自信が持てない内容です。

上の例の場合、「これが絶対正解だ!」とはなんとなく思いずらいですよね。

ちょっと他の回答も聞いてみたくなるような選択肢です。

ずらし問題ではこのように自信をもって正解を感じられない選択肢が正解になるので、正解を見つけ出そうというよりは、「違うな」と思う選択肢を除外する方が自信をもって正解を選べます。

エマ
エマ
パート2だけは選択肢が3つしかないから、余計に消去法がやりやすいよ!

これ、会話の流れとしておかしいわ。」の感覚を大切にして問題を解いてみてください^^

TOEIC パート2を対策するならディクテーションとシャドーイング

パート2の対策に効果的なのは、パート1と同様ディクテーションとシャドーイングです。

ディクテーションとは

英文の音声を聴き取り、書き起こすこと

シャドーイングとは

英文の音声の後を追って口に出して発音する

パート2でポイントとなるのは、「何を問われているか(投げかけられているか)を聴き取れるリスニング力」と、「自然な会話の把握力」です。

パート2の会話文はとても短いので、ちょっとした聴き逃しでも意味を取りずらくなってしまいます。

細かな部分もしっかり聴き取れる力をディクテーションとシャドーイングで養いましょう。

スタディサプリなら、実践問題にディクテーションとシャドーイング機能が付いてくる★

ディクテーションとシャドーイングの使用画面
スタディサプリ ディクテーションの操作画面 スタディサプリ シャドーイングの操作画面
《ポイント》
  • わかりやすくきれいな操作画面で、楽しく取り組める
  • 制限時間付きなので、スピードを意識して練習できる
  • シャドーイングは録音機能付きなので、自分の発音を聴くことが出来る
  • 速度やヒントなど、レベルに合わせて難易度を調整できる

【スタディサプリ公式】無料でディクテーションに挑戦!

【最後に】パート2は1番スコアアップしやすい!TOEIC初心者が最初に力を入れるのにオススメ

いかがでしたか?

今回はTOEIC パート2の対策ポイントや引っ掛かりポイントについてお伝えしました。

パート2対策で覚えておきたいポイント
  • 英文の最初を聴き逃さないようにリスニング時の集中力を高める
  • 問いかけの英文で使われた単語と同じ、または似た音の単語を使った選択肢は誤りの確率が高い
  • 解答のテンポを守るために、迷った時のルールを決めておく
  • 問いかけに対するずらし回答に要注意!
  • パート2の対策でオススメなのはディクテーションとシャドーイング

パート2って、リスニングパートの中で1番スコアアップがしやすいパートって言われているんです。

パート2がスコアアップしやすい理由
  • 会話が短いので初心者でも取り組みやすい
  • 全パートの中で唯一選択肢が3つだけ(他パートは4つ)
  • 使われている単語が割とやさしい

英語力に自信のない人は、まずパート2を対策すると結果が出やすいのでおススメです。

成長を感じられると楽しみが倍増して更に頑張れるので、この記事を参考に是非パート2の対策に取り組んでみてください^^

あなたの挑戦を応援しています!★

【オススメ】短期集中でTOEICスコアアップを目指す人向けのサービスをご紹介!

スタディサプリENGLISH

エマ
エマ
英語の基礎を鍛えたい人・キャリアアップを考えている人にはTOEICでスコアアップを目指すのが1番オススメ!多くのサービスを見てきた中で私が1番オススメできるTOEIC対策サービスを紹介します。

スタディサプリ TOEIC対策コースパーソナルコーチプラン

スタディサプリENGLISH   

大手企業リクルートが、本気でTOEICのスコアアップを実現するために開発した「スタディサプリEnglish TOEIC対策 パーソナルコーチプラン

「超充実コンテンツのアプリ×専属コーチのアドバイス」によって、240点のスコアアップを実現した人も!

サービス利用開始後の継続率が93%のパーソナルコーチプランを利用して、今度こそTOIECのスコアアップを達成させてみてはいかがでしょう?

1週間無料で専属コーチのサポートを体験できるので、本気でTOEICのスコアを上げたいならまずは自分に合うか試してみましょう!登録も1分足らずでできちゃいます👍

【スタディサプリ公式】超充実サービスをチェック!