英語×転職

英語はITエンジニアにとって必要?気になる実態と最新の採用動向を大公開!

マナブ
マナブ
ねえねえ、英語ができるとメリットが大きい職種ってどんなものがあるの?
エマ
エマ
色んな場面で英語は役立つと思うけど…特にITエンジニアの人にとって英語は大きなメリットになると思うよ!
マナブ
マナブ
ITエンジニアか~!どうしてメリットが大きいの?
エマ
エマ
オッケー!じゃあ今日は、英語ができるITエンジニアの需要や採用動向を紹介していくね。

この記事を読めば、ITエンジニアに英語力が備わることでいかに市場価値が高くなるかがわかります。

実際どの程度の年収が期待できるのかも記載しているので、是非最後までご覧ください^^

スタディサプリENGLISH

英語はITエンジニアの大きな武器になる!3つの理由を紹介

好条件・高収入企業のIT部門は英語と触れる機会が多い

収入が期待出来たり、最先端の技術を取り入れている企業ほど、英語の使用頻度は高くなります。

理由は次の3つが挙げられます。

  • 技術力の高い外国人エンジニアを積極的に採用している
  • 大規模な開発ではオフショアが取り入れられる可能性大
  • 海外支社のIT部門とのやり取りが必要

好条件・高収入が期待できるということは、企業としての規模が大きいか、相当に成長している企業ということです。

そういった企業は、率先してスキルの高いエンジニアを獲得します。

中には、日本語はそこまで得意じゃないエンジニアもいるでしょう。

エマ
エマ
最新の技術書は大体英語で書かれているから、海外のエンジニアは技術力が高い場合が結構あるよ

そういった優秀なエンジニアと英語でやり取る出来る日本人は、かなり希少です。

その為、英語が理解できるエンジニアは市場価値がとても高く、好条件・高収入企業からのオファーも多くなります。

また、大手企業であれば海外に支社やオフショア開発先を持っていない方が珍しいと言っていいほど、ほとんどの企業が海外に進出しています。

会社として海外に進出している以上、英語の利用頻度が増えるのは当然です。

IT分野で海外と日本の橋渡しができることを伝えれば、あなたの価値はグッと高まります。

デジタル・ITスキルの需要は世界中で拡大

英語ができるということは、国内だけでなく海外に就職することも可能になるということです。

マナブ
マナブ
海外に就職!実は憧れてるけど現実的に考えてないポイントだよね

つい、国内で働くことしか考えずに転職や就職を考えてしまいがちですが、今の時代、どこでだって就職できます。

特にITエンジニアは専門的なスキルを持っているため余計に海外企業でも通用しやすいのです。

しかも、海外の企業の方がITエンジニアの待遇がずっといい場合って結構あります。

視野を広げてみることで、あなたに合った職場環境を見つけることが出来る可能性はとても高いです!

以下は、ニュージーランドでプログラマとしてお仕事をしているはっしーさんの動画です。

  1. なぜ海外移住を決めたのか
  2. 日本とニュージーランドの働き方の違い

について、リアルな話が聞けるので是非チェックしてみてください。

 

また、2019年の採用動向でも、以下の様な分析結果が出ています。

デジタル・ITに関わるスキルセットへの引き合いが世界全域で強まっており、2019年も減速の兆しは見られません。

オーストラリアでは多くの業界でデジタルトランスフォーメーションが普及し、開発担当者とデジタル担当者の需要が継続的に増加しました。

東南アジアでもデジタル化とサイバーセキュリティの導入が広がり、ビッグデータやAIを扱うスペシャリストへの引き合いが非常に強まりました

サンフランシスコではブロックチェーン&仮想通貨分野が経済成長を牽引しました。

機械学習やAIといった先進技術のスタートアップ企業が引き続き優秀な人材を引き付けました

中華圏全域ではハイテク産業またはデジタルトランスフォーメーションの経験を積んだトップレベルの人材に対する需要が供給を大幅に上回りました

発展の順調なイギリスのIT業界でも候補者不足は深刻で、各社はソフトウェア開発者・エンジニアを巡る競争の激化に直面しています。

(参照:https://www.robertwalters.co.jp/content/dam/robert-walters/country/japan/files/salary-survey/J-Book2019.pdf)

今、優秀なITエンジニアは世界中から求められています。

あなたのスキルは、国内で社畜のように利用されるためにあるのではありません。

もっと自由な環境で能力を発揮するために、思い切って海外へ目を向けてみませんか?^^

英語を身につけて海外で働いてみたい」と思ったあなたは、まず以下の記事を読んで1歩ずつ英語の実力をつけていきましょう!

英語の勉強には順序があった!本気で成果を出すための5ステップをご紹介 Step1-勉強前の事前準備①:目標・自分の実力を明確にしよう 英語の勉強を始める前に、まずは事前...

英語の技術書で、最新の動向をチェックできる

最新の技術書は、英語で書かれていることが大半ですよね。

ITのトレンドの流れはとても速く、どんどん新しい技術や考え方が生まれてきます。

新しい技術をモノにできればそれだけでかなり重宝されることは間違いありません。

「モノにする」までいかなくても、最新の動向を頭に入れておくと採用担当から「コイツ、なかなか前のめりに頑張れるタイプじゃん」と一目置かれることでしょう。

もしあなたが採用担当者で、「どうしても最新の技術書が読みたくて、英語の勉強をしました。
努力の甲斐あって、今では各国の最新の技術書に目を通して新しい知識を増やすことが最近の趣味になってます^^」

なんて候補者から言われたら、「コイツ…ほしい!」ってなりませんか?

周りの候補者と一歩差をつけるためにも英語ができるとお得ですね!

日本人に英語の必要性は本当にあるの?の問いに答えを出そう 【日本での英語の必要性】国内・海外情勢を考えるとやっぱり勉強したほうが良い 日本の経済や人口の状況...

IT業界の年収水準と景況感をチェック

転職を考えるときにかなり気になるのが収入面ですよね。

そこで、2019年度の各業界のITエンジニアの転職時の年収の水準(予想)をご紹介します。

ただ年収を上げるだけでなく、各業界でどんなスキルが求められているかといったトレンドもお伝えします。

エマ
エマ
新しい業界に興味を持つきっかけになるかもしれないからしっかりチェックしてね^^

(参照:https://www.robertwalters.co.jp/content/dam/robert-walters/country/japan/files/salary-survey/J-Book2019.pdf)

IT×金融の年収水準と景況感

IT×金融の年収水準
銀行・証券・投信
職種 年棒
(諸手当、ボーナスを除く基本給)
CIO 3,000 – 5,000万円
開発/サポート部門長 2,200 – 3,000万円
インフラストラクチャー部門長 2,000 – 2,500万円
UNIX マネジャー 1,500 – 2,000万円
プロジェクトマネジャー 1,000 – 1,600万円
インフォメーションセキュリティーオフィサー 1,500 – 2,000万円
ビジネスアナリスト 1,000 – 1,600万円
デベロッパー 800 – 2,500万円
データベースアドミニストレーター 800 – 1,200万円
システムアドミニストレーター 800 – 1,500万円
アプリケーションサポート 800 – 1,500万円
ネットワークエンジニア 800 – 1,600万円
インシデントマネジャー 800 – 1,400万円

 

銀行・証券・投信以外のサービス
職種 年棒
(諸手当、ボーナスを除く基本給)
CIO 2,000 – 3,000万円
開発部門長 1,500 – 1,800万円
BPR 800 – 1,200万円
インフラストラクチャーマネジャー 800 – 1,200万円
UNIX システムアドミニストレーター 600 – 1,000万円
ビジネスアナリスト 600 – 1,000万円
データベースアドミニストレーター 600 –  800万円
システムアナリスト 600 –  900万円
Wintel システムアドミニストレーター 500 –  800万円
アプリケーションサポート 500 –  800万円
プロジェクト/プログラムマネジャー 800 – 1,600万円
情報セキュリティ 600 – 1,600万円
デベロッパー 600 – 1,000万円
PMO 600 – 1,000万円
アーキテクト 800 – 1,600万円
データアナリスト/サイエンティスト 800 – 1,400万円
ウェブデベロッパー 600 – 1,000万円
UI/UX デザイナー 600 – 1,000万円
クラウド/ DevOps 600 – 1,400万円

金融業界は、仮想通貨市場やデータサイエンティストの部門で特に英語力を求められています。

仮想通貨の仕様書であるホワイトペーパーは英語で書かれていることが多いですよね。

英語の内容を的確に理解できるエンジニアは日本にはまだまだ少ないのが現状です。

そのため、雇用側は「日本語が出来なくても技術力の高いエンジニア」を雇うことも選択肢に入れて採用活動をしています。

ですが、実際、英語が話せて日本語が話せる優秀なエンジニアがいたらそっちの方が良いに決まっています。

コミュニケーション、楽ですもん。上司からしたら。

日本語ネイティブが英語での仕様書読解やコミュニケーションを取れるのであれば圧倒的に周りと差別化できます。

次のような技術力があって、かつ英語力があれば高条件・高収入の就職先が見つかる可能性大です!要チェック!

金融系採用のキーワード
  • 仮想通貨ビジネスや、ブロックチェーン技術
  • フィンテック事業
  • 保険分野でのWeb・モバイルアプリ
エマ
エマ
専門知識×英語はまさに鬼に金棒!

特に金融系は仮想通貨やフィンテックなど新しい技術がどんどん出てきている分野です。

新しい技術になればなるほど熟達している人が少ないので、企業からの需要はとても大きくなります。

フィンテックとは
FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語です。

金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きを指します。

身近な例では、スマートフォンなどを使った送金もその一つです。

気になる技術は自分で調べてどんどん知識を深めましょう!

IT×商工業の年収水準と景況感

IT×商工業の年収水準
職種 年棒
(諸手当、ボーナスを除く基本給)
IT ディレクター 1,500 – 2,000万円
ビジネスパートナー 1,000 – 1,500万円
サービスデリバリーマネジャー 1,000 – 1,500万円
IT マネジャー 1,000 – 1,500万円
アプリケーションマネジャー 800 – 1,500万円
インフラストラクチャーマネジャー 800 – 1,200万円
プロジェクトマネジャー 800 – 1,200万円
ビジネスアナリスト 700 -  900万円
ERP エンジニア 600 – 1,000万円
データアナリスト / サイエンティスト 600 – 1,500万円
CRM エンジニア 600 – 1,000万円
ネットワークエンジニア 500 –  800万円
インフラストラクチャーエンジニア 500 –  800万円
システムエンジニア 500 –  800万円
システムアドミニストレーター 400 –  600万円
POS エンジニア 400 –  800万円
エンドユーザーサポート 400 –  700万円
E コマースエンジニア 600 – 1,000万円

商工業分野では、BtoCのビジネスを発展させるためのコマースや、市場での競争力をつけるためのデータ分析エンジニアに注目が集まっています。

また、膨大な顧客情報を保護するため、情報セキュリティ分野での求人も最近になって急増しています。

商工業系採用のキーワード
  • Eコマース
  • データサイエンティスト/デジタルマネジャー
  • サイバーセキュリティ

2019年に最も高い需要が予想されるのは、データサイエンティスト、デジタルマネジャーです。

優秀な人材は、複数の会社からオファーを受けることもあります。

必然的に提示される給与が高くなり、待遇面でもいい条件で仕事を選べるようになります。

IT×オンラインの年収水準と景況感

IT×商オンラインの年収水準
職種 年棒
(諸手当、ボーナスを除く基本給)
プロダクトマネジャー 800 – 1,200万円
プロジェクトマネジャー 900 – 1,400万円
ネットワークエンジニア 600 –  800万円
ウェブプロデューサー 500 –  800万円
ウェブデベロッパー 500 – 1,000万円
ウェブディレクター 500 –  800万円
ウェブデザイナー 500 –  900万円
フロントエンドデベロッパー 400 –  800万円
バックエンド/サーバーサイドデベロッパー 500 – 1,000万円
ゲームプロデューサー 500 – 1,800万円
グラフィックデザイナー 400 –  600万円
UI /UX デザイナー 400 –  600万円
iOS デベロッパー 600 – 1,000万円
Android デベロッパー 600 – 1,000万円
ウェブアプリケーションデベロッパー 550 – 1,000万円
データアナリスト/サイエンティスト 800 – 1,500万円
機械学習エンジニア 600 – 1,500万円
テクニカルコンサルタント 600 – 1,000万円
SRE / QA スペシャリスト 600 – 1,200万円
DevOps 700 – 1,200万円
商工業系採用のキーワード
  • Eコマース
  • AI/機械学習
  • ビックデータ/データ分析

オンライン分野でも、データ分析エンジニアの需要はとても高まっています。

希少性が鮮明なAI人材、データ人材はもちろんのこと、オンライン分野のスペシャリストの不足も顕著です。

需要を満たす為、日本語が堪能ではないエンジニアも技術力が高ければ採用する流れが強まっています。

技術力だけで勝負するとハイスペックな外国人エンジニアはかなり強敵なため、技術力+英語力という強みを持っていると企業側も好条件で採用を進めていくでしょう。

IT×ベンダー/コンサルティングの年収水準と景況感

IT×商ベンダー/コンサルティングの年収水準
職種 年棒
(諸手当、ボーナスを除く基本給)
ソリューションアーキテクト 1,200 – 1,800万円
サービスデリバリーディレクター 1,600 – 2,200万円
プログラムマネジャー 1,300 – 1,700万円
プロジェクトマネジャー 1,000 – 1,600万円
IT コンサルタント 900 – 1,400万円
プリセールスエンジニア 900 – 1,700万円
フィールドアプリケーションエンジニア 900 – 1,300万円
ERP コンサルタント 700 – 1,000万円
テレフォニーエンジニア 800 – 1,000万円
ネットワークエンジニア 700 – 1,400万円
システムエンジニア 600 – 1,000万円
ソフトウェアデベロッパー 600 – 1,200万円
組み込みデベロッパー 600 – 1,200万円
ポストセールスエンジニア 500 – 1,400万円
テクニカルサポートエンジニア 500 – 1,300万円
品質保証エンジニア 500 –  800万円
ローカリゼーションエンジニア 500 –  800万円
プロジェクトコーディネーター 500 –  700万円
セキュリティエンジニア 800 – 1,700万円
カスタマーサクセスマネジャー 800 – 1,800万円
データアナリスト/サイエンティスト 800 – 1,500万円
機械学習エンジニア 600 – 1,500万円
IoT コンサルタント 700 – 1,500万円
RPA コンサルタント 700 – 1,600万円
商工業系採用のキーワード
  • AI/機械学習
  • ビックデータ/データ分析
  • RPA

各業種、自動化や付加価値創出のためにITを活用する流れは続いているためITベンダー/コンサルティングの求人数は大きく伸びています。

AIの技術は、2018年からビジネス需要が鮮明になり始めました。

2019年も引き続き多くの需要が生まれる見込みです。

ITエンジニアにオススメの勉強法

まずはTOEIC対策で英語の基礎力をつけよう

TOEICのスコアを取っていない人は、まずはTOEIC対策から始めることをオススメします。

理由は次の2つです。

  • 国内企業はTOEICのスコアを採用の基準にする場合が多いから
  • TOEICを対策することで、英語の基礎力を育てることが出来るから

国内企業の採用条件として、TOEICはもはやスタンダードと言っていいほど普及しています。

一定のTOEICスコアが無いと転職エージェントから紹介してもらえない案件もあるくらいなので、スキルアップとして英語の勉強を考えているならまずはTOEICのスコアアップを目指すことが得策です。

TOEICと収入の関係性!スコアが上がれば年収はあがる?データから見える真実 TOEICスコアと収入には相関関係あり!その理由がわかるデータを公開 TOEICの...

また、TOEICは英語の基礎力を育てるうえでも優れているテストです。

TOEICで800点以上のスコアが取れていると、その後実践英会話の練習に進んだ時の上達スピードがグッと速まります。

エマ
エマ
実践的な英会話は、基礎力が付いていないまま初めてもあまり上達を感じられなくて挫折してしまいがちだよ。

【スタディサプリ公式】スコアアップの実績をチェック

【徹底調査】スタディサプリEnglishの評判・口コミはコチラ!

英語の技術書を読んで専門的な英単語力をつけよう

TOEICで基礎力が付いたら、専門用語をどんどん自分のものにしていきましょう。

技術書は、あなたの仕事に関係あるものを選ぶと利用頻度の高い単語を多く覚えることが出来ます。

まずは、日本語で読んだことのある技術書のの英語バージョンから始めると、内容を理解している分勉強を進めやすくなります。

エマ
エマ
一度にたくさんの文章を読もうとすると嫌になってしまう場合があるから、最初のうちは数行を丁寧に読む練習をした方が良いよ!

英語の読解に慣れてきたら、最新の技術書にも挑戦してみましょう!

エンジニアとしての専門知識も深まり、あなたの価値がさらに高まります♫

リーディングを上達させる方法が知りたい人は、コチラの記事が参考になります。

ps://en-lounge-bizenglish.com/reading-progress/

実践的な英会話で対話力を育てよう

文章を読む力が備わったら、実践的な会話が出来るように練習しましょう。

英会話をスムーズにするためには次の下準備をするのがオススメです。

  • シャドーイング
  • ディクテーション
  • 口頭英作文

シャドーイングは、英語の音声を聞いて、聞こえてきた言葉を発音する練習です。

ディクテーションは、英語の音声を聞いて、聞こえてきた言葉を書き取る練習です。

この2つは主にリスニングの練習になります。

エマ
エマ
シャドーイングは言葉にするから話す練習にもなるよ!

会話の基本はまず聞き取ること!相手が何を言っているのか理解できるリスニング力と理解力を育てましょう。

リスニングの苦手克服ができない3つのワケと解決方法 今回は、リスニングがうまくいかない理由と、どうすれば上達できるのかを分かりやすく解説します^^ ...

そして、自分の考えや言いたいことを英語に出来るように、日ごろの出来事を英語で話す練習をしましょう。

それが口頭英作文です。

今日1日の出来事や、明日の予定を英語にしてみましょう。

だんだん内容がマンネリ化してくるな…と思ったら、日本語の問題文を英語にする練習をしましょう。

DUOという単語帳は口頭英作文をするのにオススメの単語帳です。

こうした基礎練習と併せて、優秀な英会話講師と会話練習をすると英語力が格段にアップします♫

会話練習が充実した高品質な英会話スクールとしてオススメなのがTORAIZ です。

専属のコンサルタントが日々の英語学習をサポートしてくれるほか、レッスンは個別とグループ両方を専属のネイティブ講師から受けることが出来ます。

無料でカウンセリングを受けられるので、気になる人はすぐに予約してみましょう!

【TORAIZ公式】超高品質なオリジナルメソッドをチェック!

【最後に】英語×ITスキルは年収アップのチャンス!視野を広げて好条件・高収入を手に入れよう

いかがでしたか?今回は、「ITエンジニアが英語を勉強するメリットとIT分野の景況感」についてお伝えしました。

ITの世界はトレンドの流れが速い分、最新技術をキャッチアップできる人材はとても高く評価されます。

そして、より良い職場環境を求めるなら英語が出来ればチャンスは大きく広がります

  • 英語ができると、国内のITエンジニア内での競争力が格段に上がる
  • ITエンジニアが良い環境で働くことのできる海外へ就職する

現状を変えたいと思っているなら、すぐに行動してみましょう。

海外からのエンジニアが大量に入って来たら、強力なライバルが増えてしまいます。

今は完全な売り手市場。

今のうちに技術力×英語力を磨いて、圧倒的な競争力で好条件・高収入の職を手にしちゃいましょう!

効率的にTOEIC対策をする方法を知りたい人はコチラの記事でチェックできます。

TOEICの教室に通うのはNG!?オススメできない理由と効率的な勉強法 TOEICの対策に教室通いは圧倒的にコスパが悪い TOEIC対策の教室は正直に言っ...
【オススメ】短期集中でTOEICスコアアップを目指す人向けのサービスをご紹介!

スタディサプリENGLISH

エマ
エマ
英語の基礎を鍛えたい人・キャリアアップを考えている人にはTOEICでスコアアップを目指すのが1番オススメ!多くのサービスを見てきた中で私が1番オススメできるTOEIC対策サービスを紹介します。

スタディサプリ TOEIC対策コースパーソナルコーチプラン

スタディサプリENGLISH   

大手企業リクルートが、本気でTOEICのスコアアップを実現するために開発した「スタディサプリEnglish TOEIC対策 パーソナルコーチプラン

「超充実コンテンツのアプリ×専属コーチのアドバイス」によって、240点のスコアアップを実現した人も!

サービス利用開始後の継続率が93%のパーソナルコーチプランを利用して、今度こそTOIECのスコアアップを達成させてみてはいかがでしょう?

1週間無料で専属コーチのサポートを体験できるので、本気でTOEICのスコアを上げたいならまずは自分に合うか試してみましょう!登録も1分足らずでできちゃいます👍

【スタディサプリ公式】超充実サービスをチェック!